汚泥の白蓮

書きたいものを書きたいときに

テスト用そのよん

デジタル無線通信

送信側

変調回路→ミキサ→帯域通過フィルタ→RF増幅用アンプ→送信

受信側 スーパーヘテロダイン方式

受信→帯域通過フィルタ→RF増幅用アンプ→ミキサ→帯域通過フィルタ→IF増幅用アンプ→復調回路

 

混合器(ヘテロダイン)

ミキサ、アナログ乗算器、周波数変換器とも

2つの異なる周波数の和または差を取り出す

スーパーヘテロダイン方式

1918年にエドウィン・アームストロングが考案

 

受信fr,中間fif,影像fimg,局発flo

flo を中間地点として両側にそれぞれfr とfimgがある

それぞれの間隔がfif

if信号をフィルタリングしさらにそれを増幅、利得を稼ぐ

周波数が低い方がフィルタが作りやすい

近接周波数の妨害を除去できる

結果、受信回路の選択度が上昇

ダブル・スーパーヘテロダイン

局発とミキサの組み合わせを2段にしたもの

 

ダイレクト・コンバージョン方式

局発と受信周波数を同じにしたもの

IFがゼロになるため、ゼロIFとも呼ばれる

IF増幅の代わりにベースバンド増幅